デジモノとAppleに埋もれる日々

Linkedlnの「iOS」アプリがデータを無断でサーバーに送信していた疑い

 
この記事を書いている人 - WRITER -

LinkedIn pen
LinkedIn pen / TheSeafarer

 

Linkedlnの「iOS」アプリが、カレンダーに入力されたデータからパスワードや会議メモなどの情報を収集し、ユーザーに通知することなくそれらを同社のサーバに送信しているようだ。

 

スポンサーリンク


オプトイン機能を有効にすると自動的に送信

 

Appleの「iPad」および「iPhone」を対象とするLinkedInのアプリは、ユーザーがカレンダーに入力した情報を同アプリ内で閲覧できるようにするためのオプトイン機能を備えている。しかし、いったんその機能をユーザーが有効にすると、同アプリはユーザーのカレンダー入力情報をLinkedInのサーバに自動的に送信してしまうことを、リサーチャーのYair Amit氏とAdi Sharabani氏が発見した。両氏はテルアビブ大学で現地時間6月6日に開催されるセキュリティワークショップで、この発見を発表する予定だ。

 

審査のあるiOSアプリでもこの辺は問題なく過ぎてしまうんですね。

 

ユーザーに開示されないこうしたデータ送信は、アプリがユーザーから明示的な許可を得ずにユーザーのデータを収集および送信することを禁じるAppleのプライバシーガイドラインに違反する可能性がある。2012年に入ってから、人気のiOSおよび「Android」アプリケーションである「Path」がユーザーの連絡先情報を無断で収集していたことが発覚し、論争が起こった。Pathはこの問題に関して謝罪し、ユーザーに同機能をオプトインすることを求めるアップデート版を発表している。

 

Appleのプライバシーガイドラインにはひっかかりそうですよね。米下院小委員会もAppleに書簡を送付、連絡先をダウンロードする前にユーザーの許可を求めることをなぜアプリ開発者に強制しないのかを尋ねたこともあったようです。

 

データの悪用はしていないとは思いますが、なんかちょっと気持ち悪いですね。しかしこれだけ技術が発達した今、どこまで個人情報が守られるのかは難しいところです。ユーザー側もある程度情報を開示し、サービスをうけるわけですからね。

via.LinkedInの「iOS」アプリ、データを無断でサーバに送信か – CNET Japan

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.