デジモノとAppleに埋もれる日々

おい、昨日のサザエさんはセル画じゃなくてフルデジタルだったらしいぞ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

サザエさん

 

サザエさんにも

 

時代の流れが!

スポンサーリンク


フルデジタルサザエさん

 

Twitterに驚きの書き込みが!

 

ウィキペディアによると、

 

制作技法は、通常放送の本編に関しては現行アニメ作品として唯一セル画を制作に使用しており、1話完成するには3か月半の期間が掛かる2。通常放送のオープニングおよびエンディングと、CM、FNSの日スペシャル・特番などの特別版については徐々にデジタル制作へ移行しており、2005年(平成17年)10月のハイビジョン化以降はオープニング・エンディング・次回予告のバンク部分がデジタル制作に切り替わり、2009年(平成21年)7月からはオープニングのみ全編デジタルにて制作され、さらに2012年(平成24年)7月からはエンディング部分も全編デジタルにて制作されるようになった。2010年代初頭でもセル画を採用する理由として、制作担当のエイケンは「セル画の映像は微妙に線が揺れ、温かみのある画像になる。それが視聴者に安心感を与える」とこだわりを見せているが、セル画はハイビジョン画像との相性が良くなく、理由として「静電気の影響で塵が付着して見える」「厚みによる影で輪郭のぼやけがある」「色のばらつきが見える」などがあるため「視聴者から『サザエさん』は他に比べ映像が汚いと苦情が来れば、セル画を断念せざるをえない」との見解も示している3。また、一話ごとに脚本・作画などのスタッフ名や作品ナンバーも表示されるなど、現在のアニメーション作品では珍しい。

 

とのこと。とうとうデジタル化の波がサザエさんにも。波平はサザエさんのお父さん。そういえばのりすけさんの声って変わった?

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2013 All Rights Reserved.