デジモノとAppleに埋もれる日々

ロンドン五輪:柔道66kg級で一度決めた勝敗をくつがえす前代未聞の判定

 
medium_148867629.jpg
この記事を書いている人 - WRITER -

Medium 148867629

 

信じられない。

 

前代未聞の判定。

スポンサーリンク


旗の色が全部変わる

 

本日7/29に行われたロンドン五輪柔道男子66kg級準々決勝、海老沼 対 曺。延長までもつれこんだ試合は、延長1分22秒で海老沼が小内刈りで有効の判定を受けるも、取り消され試合終了。

 

その後決着つかず、判定へ。

 

主審、副審合計3本の旗はすべて曺。これで決着がついたはずなのに、審判団がなぜか再度協議に。そしてその結果もう一度旗での判定。今度は3本すべて海老沼

 

決着がついたものを覆す前代未聞の判定。柔道のみならず、スポーツのあり方が問われてしまうくらいの出来事だと思う。なによりもかわいそうなのは両選手。どちらも後味悪いでしょ。だいたい、なんかそとのお偉いさんと審判団話してたけど、あそこで「海老沼に上げなきゃおかしいだろ」って言われたってこと?そしてとにかく解説者のヒトコトが忘れられない。

 

「審判のいる意味なくなっちゃいますからね」

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.