デジモノとAppleに埋もれる日々

Twitterで差別的なつぶやき、オリンピック選手出場取りやめ

 
medium_3419823308.jpg
この記事を書いている人 - WRITER -

Medium 3419823308

 

SNSの影響は大きい。

 

オリンピック出場を取りやめ

スポンサーリンク


ギリシャ五輪委員会が決定

 

「SNS元年」のオリンピックとして注目されているロンドンオリンピックですが、思わぬ方向で影響が出ている。

 

ロンドンオリンピックのの陸上女子三段跳びに出場する予定だったギリシャのボウラ・パパクリストウ選手が、ツイッターで人種差別的なつぶやきをしたとして、ギリシャ五輪委員会が出場を取りやめを決めたのだ。

 

AP通信によると、パパクリストウ選手は、アフリカからの移民をからかい、移民排斥を掲げる極右政党への支持を表明するようなつぶやきをした。

 

この発言に対しギリシャ五輪委員会が声明を出し、「オリンピックムーブメントの理想に反する表現をしたため、彼女を代表から外す」とした。この選手は、

 

「誰かを傷つけたとしたら謝る。私はアスリートであって、政治には関わっていない」

 

とつぶやいたそうだ。全世界から注目を集めるオリンピック選手のSNSが、こんな形で悪い方に影響してしまったのは残念。SNSでつながるオリンピックの成功を期待したい。

 

via.朝日新聞デジタル:差別的つぶやき、出場取りやめ ギリシャ陸上女子選手 – スポーツ

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.