円安だからメモリやSSD、CPUにHDDは早めに買っといたほうがいいらしい

円安恐慌 (日経プレミアシリーズ)

 

もう値上げしているそうです

 

影響が出るのは早いですね


スポンサーリンク

今週末が限界らしい

 

ITmedia PC USERで紹介されていたんですが、どうやらすでに複数のショップでCPUとメモリ、HDD、SSDの4品目の値上がりの兆しが見えているそうです。

 

秋葉原のショップによると、

 

「最近の円安の動きが激しすぎて、現状維持がどうにも厳しいパーツが出始めています。CPUとSSDはちょうどいま価格表を張り替えました。メモリももうじき値上げせざるを得なくなります。HDDも回転率の高いものは年内に値上げになるかも」

 

という話や、

 

「メモリとHDDは今のところ現状維持できていますが、SSDの売れ筋だけは上げざるを得ない状況になりました」

 

という話、

 

「CPUはCore i7-3770Kのような売れ筋モデルは1000円程度上がっています。メモリも4Gバイト×2枚セットがまもなくステイしきれなくなると思います」

 

「どこのショップも週明けに1回か2回大きな仕入れをして、あとは在庫で年末年始を乗り切るということになると思います。だから、年末年始の相場のたたき台は週明けにおおよそは決まるでしょうね。その後は年明けの通常営業の時期まであまり為替の影響を受けなくなるでしょう」

 

といったコメントが集まったようだ。これらのパーツが欲しい人は、早めに動いたほうがいいのかもしれない。消費者目線だと、円安ってのはなんか存した気分になりますな。全体としてみたらメリットが大きいんだと思いますが。

 

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする