【将棋】あの「加藤一二三」九段、二手指しをして反則負け

Medium 2557814998

 

追い上げていたのに。

 

将棋で反則負け。


スポンサーリンク

勘違い

 

猫や二歩など、話題に事欠かない加藤一二三九段(加藤一二三までが名前です。「かとうひふみ」)が、第20回富士通杯達人戦準決勝で反則負け。

 

17時10分、図の直前に△8七歩を指して席を離れていた加藤九段。戻ってくると、先手が着手したものと勘違いして△5七馬を着手。二手指しの反則で終局となり、先手の勝ちとなりました。 この結果、森内俊之名人が決勝進出を決めています。

 

ちなみに終局直後、加藤九段の顔は耳まで赤く染まっていたそうです。恥ずかしかったのか、怒っているのか。

 

追い上げムードで終盤の激戦が予感されていたところでの突然の終焉。 終局後は両者しばらく言葉が出なかった。

 

そりゃ気まずいですよね。

 

ちなみに「二手指し」とは、そのまま「二手続けて指す」行為のことです。相手の順番をすっとばしちゃうわけです。将棋ではずっとその場にいるわけではないので、勘違いすることもあるようです。

 

ちなみにプロの棋戦で発生した反則の上位(
1977年以降)は、

1位 二歩 44回
2位 二手指し 22回
3位 王手放置、自らの玉を相手の駒の利きにさらす 8回
4位 角・馬が移動できない位置へ移動する 5回
5位 成れない状況で駒を成る 3回

(via.将棋 – Wikipedia)

 

このようになっているようです。加藤一二三九段、がんばって!

 

via.富士通杯達人戦中継ブログ

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする