デジモノとAppleに埋もれる日々

物騒な日本語教科書が話題に。「兄貴、お久しぶりっす。」

 
a1180_000333.jpg
この記事を書いている人 - WRITER -

A1180 000333

 

ケンカを売る、生きて帰れる、地獄に落ちろ・・・

 

物騒な日本語教科書。

スポンサーリンク


生活に必要ない気が・・・

 

こちらの記事では、「中国マフィア向け?『日本語教科書』が物騒すぎる」と題し、物騒な日本語教科書について書かれています。

 

そんななか取材班は、中国人がどのように日本語を学んでいるのかを知るため、広州市内の大型書店にある日本語学習書コーナーから、ある一冊をおもむろに手に取ってみたのだが、そこで教えられている日本語がやや「難アリ」なのだった……。  そのテキストの名前は「一個人上東京」。意訳すれば「一人で東京にやって来た」といったころである。「RAY君の日本日記」「教科書では学べない標準東京弁」という副題もついており、東京に在住歴のある男性が、様々な生活シーンにおける「とっさの一言」的な実用口語表現を紹介していくという構成となっている。

 

そこでどんな例文がのっているかというと、

 

・兄貴、お久しぶりっす。
・ケンカを売る
・生きて帰れる
・地獄に落ちろ
・それはやばい仕事だ
・秘密は絶対にしゃべってはいけない
・あいつをやっちまえ!

 

恐ろしいですね。一人で東京にやってきたRAY君になにがあったんでしょう。そしてこの「とっさの一言」を、どんな人が求めているのでしょう?気になります。

 

via.中国マフィア向け? 「日本語教科書」が物騒すぎる | 日刊SPA!

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.