藤村官房長官、別のペーパー棒読みで「答えが全然違いました」

A0006 002427

 

藤村官房長官が大失敗。

 

質問に対して回答する際、違うペーパーを手に取り答えてしまったようだ。


スポンサーリンク

答えが全然ちがいました。答え直します。

 

これは19日午前の記者会見での1コマ。

 

東京電力福島第1原発事故直後に米国が実施した放射線測定結果を日本政府が公表していなかった問題をただされると、ペーパーを手に取り「検証チームがヒアリングしている。事実関係が確定することを待ちたい」と答えた。これは、核燃料サイクルの在り方を検討してきた内閣府原子力委員会の小委員会が原発推進側と「勉強会」を開いていた問題を聞かれた場合に備え、事務方が用意していた想定問答。

 

うーん、やってしまいましたね。秘書官から誤りを指摘され、「答えが全然違いました。答え直します」と別のペーパーを手に取り再答弁したようだ。

 

ペーパーがあることはわかっているものの、ちょっと残念な出来事でした。

via.時事ドットコム:「答えが全然違いました」=別のペーパー棒読み-藤村官房長官

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする