両手足失ったフランスの男性がベーリング海峡横断を成功させる

ベーリング海峡横断

 

世界一周が達成されたんですって!

 

かっこいいなぁ。


スポンサーリンク

1時間15分で横断

 

感電事故で両手・両足を失ったフランス人男性、フィリップ・クロワゾンさんが17日夜、ベーリング海峡にある米国の島からロシアの島を泳いで横断することに成功したようですよ!

 

水温はセ氏4度と低く、深い霧にも見舞われた中、人工のひれをつけて挑戦したクロワゾンさんは、1時間15分ほどで約4キロを泳ぎ切った。

 

今年4月に5大陸間を泳いで渡る「世界一周計画」を発表して、イギリス海峡や紅海などの横断はすでに成功済み。ベーリング海峡を渡ることで、世界一周が達成されたことになるんですって!

 

今後はロンドンでパラリンピックのコメンテーターとしてラジオやテレビに出演するそうです。今後の活躍にも注目しましょう!

 

via.両手足失った仏男性がベーリング海峡横断、「世界一周」達成(ロイター) – エキサイトニュース

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする