道頓堀川に全長1kmのプールを作る計画が発表されていた

道頓堀プール

 

本当に言ってるの?

 

大阪の道頓堀川に巨大プールを作る計画が発表。


スポンサーリンク

全長1km

 

なんてこったい。大阪市の中心部を流れる道頓堀川。阪神が優勝した時とか人が飛び込んじゃうとこ。あそこにプール作ろうとしてるらしいですよ。

 

これは大阪府市特別顧問で元経済企画庁長官の堺屋太一氏の発案を受けて動き出した計画。2015年夏の開業を目指してるんですって。

 

民間主導で遠泳競技や市民が遊泳できる世界的名所をつくる。「大阪のど真ん中に見たこともない巨大なプールをつくり、観光客を呼び込みたい」。堺屋氏は記者会見でこう意気込みを語った。

 

まあ確かに観光客きそうですけど。楽しそうですけど。

 

基本計画によると、プールは発泡スチロールの浮き材を付けた「布函式(ふかん)」の水槽とする。布函とは、布でできた箱のこと。12~15mある道頓堀川の川幅いっぱいに布函を広げ、内部を水道水で満たす。  布函を川に浮かべて、1.1~1.4mの深さがあるプールをつくる。布函の底面には硬質樹脂ボードなどを敷き、遊泳者が気持ちよく泳いだり歩いたりできるようにする。

 

川の上にプールを浮かべるイメージか。プールの全長は1kmを予定。川の方はどうなるのかと思ったら、

 

道頓堀川の水は、布函の下側を流れる。大雨などで増水する危険があるときは、布函の最上流部と最下流部の隔壁を取り外して、プール内にも川の水が流れるようにする。

 

とのこと。プールの営業期間は毎年6月下旬〜9月上旬とし、営業してる時だけ設置できるようにする模様。利用料金は最初の1時間1000円、以降1時間毎に500円程度を予定。年間10万人の入場を目指しているようだ。これって結構なニュースじゃありません?なんか実現しちゃいそうな流れみたいですよ。

 

via.全長1キロ、「道頓堀プール」は実現するか  :日本経済新聞

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする