ご当地ナンバーが増えるかも?平成26年交付に向けて動き出す

Medium 362270357

 

平泉

 

ご当地ナンバーが増えるかも!


スポンサーリンク

10万台超が条件

 

国土交通省は19日、自動車のナンバープレートに地元の要望に応じた地名を表示する「ご当地ナンバー」を拡大する方針を決めた。

 

どうやら早ければ今年度中に自治体からの募集を始め、2014年度からの交付を目指すようです。

 

ちなみに今までに導入されたご当地ナンバーは、

 

仙台、会津、つくば、那須、高崎、川越、成田、柏、金沢、諏訪、富士山、伊豆、豊田、岡崎、一宮、鈴鹿、堺、倉敷、下関

 

の全19地域。今回は平泉(岩手)や前橋などが狙っているようです。対象地域の登録自動車数が10万台が超えることが条件とのこと(離島は除く)。いくつぐらい認めるかは未定。あんまり複雑になっても困りますが、やはりお気に入りの「ご当地ナンバー」をつけて運転してみたい!ですよね。

 

via.「ご当地ナンバー拡大へ 平成26年度の交付目指す」:イザ!

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする