シャッターに挟まれ9時間動けなかった泥棒、「頭部」が不法侵入していたため逮捕

シャッターに挟まれた泥棒逮捕

 

頭が入ってたから逮捕。

 

レンタル家具屋に盗みに入った男、シャッターに挟まれ9時間動けず。


スポンサーリンク

翌朝出社した店員に発見される

 

アメリカのマサチューセッツ州。

 

シャッターと床の隙間に頭を突っ込んだ男。実は家具をレンタルする店に盗みに入ろうとした泥棒です。男は26日夜、店のガレージから侵入しようとしたところ、シャッターが突然下りてきて頭を直撃。翌朝出社した店員に発見されるまでおよそ9時間、その場から動けませんでした。

 

どういう経緯でこうなったのかわからないですが、シャッターに首を挟まれたようです。後頭部にあざがあっただけで、大事にはいたらなかったそう。地元警察官は、

 

「もっと急にシャッターが落ちてきていたら命に関わる大惨事になるところでした。誰にもオススメしません」

 

と話しています。駆けつけた警察官に助け出されたこの男は、頭がガレージ内に入っていたため、不法侵入や器物破損などの容疑で逮捕されたそうです。

 

via.「シャッターに泥棒挟まる、9時間動けず」 News i – TBSの動画ニュースサイト

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする