資産1000億円以上の億万長者は世界に2710人います。さてその中に日本人は何人いるでしょうか?

okuman


スポンサーリンク

日本人は・・・

景気が悪い、なかなか持ち直さないと暗い日々が続きますね。アベノミクスはどこにいったのでしょうか。

 

さて、景気のいい話でもひとつ。こんな記事がありました。

伊吹太歩の時事日想:資産1000億円以上の億万長者は世界に2170人――日本人は33人 (1/2) – Business Media 誠

「2013年億万長者動態調査」に戻るが、億万長者を国別にみると、世界で最も億万長者が多い国は米国だ。次いで中国、ドイツ、英国、ロシア、インドと続く。残念ながら、日本はトップ10には入っていない。だがアジア内のランキングでは中国、インド、香港に続いて4位となる。

 日本の億万長者は33人と、157人の中国に大差を付けられている。報告書によれば、その事実は「驚き」であり、理由は「日本円が20%も価値が落ちた」ことだと指摘する。

思ったよりも少ない気がします。ちなみにこの記事の中でさらに気になったのはこの点。

では2170人の億万長者はどんな人たちなのか。彼らのうち6割は一代で富を築いた億万長者で、2割は遺産を受け継いだいわゆる「跡取り」だ。残りの2割はその両方だという。そして女性は13%で、億万長者のほとんどが男性だ。

意外と一代で富を築いた人が多いんですね。宝くじが当たっても手の届かない金額。どうやったら手に入るのでしょうか。ふぅ。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする