ロト6の当選者が「あるもの」のせいで悲劇的になっている件

ロト6で悲惨

 

自分が当たってたら発狂するな。

 

1千万長者の夢が・・・。


スポンサーリンク

まさかの10万切り

 

さて、まずは1回前の第690回の抽選結果を見てみましょう。

 

▼本数字 07,08,10,
21,34,38
▼ボーナス数字
30
▼1等
該当なし
▼2等
16,397,300円
▼3等
583,800円
▼4等
9,800円
▼5等
1,000円
!キャリーオーバー
182,194,767円

 

そして今回(9/6抽選分)の結果を見てみましょう。

 

▼本数字 04,07,08,
15,16,42
▼ボーナス数字
23
▼1等
134,131,500円
▼2等
57,100円
▼3等
338,700円
▼4等
8,000円
▼5等
1,000円
!キャリーオーバー
0円

 

2等がまさかの5万円台!これは当たった人悲惨!「うおおおおおお!!!2等キタ!!!!一千万長者かもしれん!!!」→「ご、ご、ごまん・・・」

 

これはきつい。なんでこんなことになったかというと、ちゃんとした理由が。

 

ロト6の抽選結果が悲惨

こちらはアメリカの有名テレビ番組「LOST」にでてくる有名な数字。ハーリーという人物が、この番号のせいで不幸に巻き込まれていくという、視聴者から見ると非常に重要な数字でした。

 

この数字が今回のロト6で2等にあたる数字だったんですね。よって当選金額がどんと落ちた、と。ちなみに過去には1等と2等の金額が入れ替わった回もあったようです。

 

1等と2等の逆転 第84回と第230回と第625回では、1等よりも2等の当せん口数が少なく、2等の当せん金額が1等を上回った。
第84回(2002年5月16日抽せん)
1等 – 17口当せん、当せん金額 15,692,300円
2等 – 8口当せん、当せん金額 30,011,300円
第230回(2005年3月17日抽せん)
1等 – 167口当せん、当せん金額 1,814,700円 ←
2等 – 29口当せん、当せん金額 9,405,200円
第625回(2012年1月19日抽せん)
1等 – 13口当せん、当せん金額 16,095,600円
2等 – 7口当せん、当せん金額 26,902,500円

(via.ロト6 – Wikipedia)

 

ここから得る教訓は、

 

ロト6では他人が思いつくような数字は買わない

 

常に冷静でいるべき

 

ってとこですかね。まあ5万円でもすごいですよ。当たった方、おめでとうございます。

 

via.みずほ銀行:ロト6

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする