デジモノとAppleに埋もれる日々

中古本の買取販売サイト「ネットオフ」でカード情報1万件流出のおそれ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る

 

クレジットカード情報の一部が流出か

 

最大で1万589件が流出した可能性

スポンサーリンク


ネットオフサーバに不正アクセスの痕跡

 

中古本の買取・販売サイト「ネットオフ」を運営するネットオフは10月19日、同社のユーザー情報を保持するサーバに不正アクセスの痕跡があり、クレジットカード情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。同日からサービスを停止している。(via.ネットオフに不正アクセス カード情報1万件流出のおそれ – ITmedia ニュース)

 

気になる「流出した可能性のある人」ですが、昨年4月1日〜今年9月4日に、ネットオフで商品を購入し、携帯電話サイト(スマートフォンからの利用を除く)でカード決済したユーザーの個人情報、とのこと。最大で1万589件が流出した可能性も。

 

判明した不正アクセス経路はすでに封鎖、携帯電話サイトのカード決済を停止、2次被害対策を行なっている。

 

ネットオフは、「事態を厳粛に受け止め、全社をあげてセキュリティ対策の強化、再発防止を図る」としている。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.