大島優子、「悪の教典」試写後に記者会見欠席、号泣して「私はこの映画が嫌いです」と異例のネガティブコメント

悪の教典 オリジナル・サウンドトラック

 

私も見に行きましたが。

 

たしかにさくさく殺されていきます。


スポンサーリンク

私はダメでした

 

AKB48の大島優子(24)が18日、映画「悪の教典」の特別上映会に出席したが、出席が予定されていた上映後の会見には姿を現さず、映画の内容を批判した。

 

観賞後、大島は肩を震わせ、号泣しながら退席し、控室に戻った。その後、映画を見た 38人のAKB48メンバーと主演の伊藤英明(37)らによる会見に同席する予定だったが、 急きょ欠席した。

 スタッフによると、伊藤演じる教師に生徒が次々と殺されていく同映画の内容にショックを 受けたためだという。

 大島は「私はこの映画が嫌いです。人の命を大切にしないことは、認めません。命が
奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。『映画だから』と言う方もいらっしゃるかも しれませんが、私はダメでした」と異例の批判コメントを発表した。

 

最初は「仕事だからがんばってほしい」って思ったんですが、ふと感じました。これは茶番なんじゃないかと。このニュースは間違いなく広まります(もうYahoo!ニュースにのってます)。「そんなにすごいのか、じゃ、見に行ってみるかな」と思う人は多いはず。

 

これがいわゆるなんちゃらマーケティングってやつなんでしょうか。ちなみに元ネタの日刊スポーツの記事は、もう消されています。ここまで含めてストーリーが出来上がってたとしたら・・・。

 

via.暇人\(o)/速報 : 【AKB48】大島優子、試写後に号泣…「悪の教典」異例批判 「私はこの映画が嫌いです」 – ライブドアブログ

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする