いよいよきたAndroid搭載腕時計、2万円でカメラ、GPS、無線LAN対応

Android腕時計

 

いつかはくると思っていました!

 

アンドロイド搭載のスマートフォンが秋葉原でデモ中!予約受付も!


スポンサーリンク

ちょっとでかい

 

こちらの記事では、Androidベースの腕時計型スマーフォトンの登場を報じている。

 

これは現在、現在、三月兎2号店やSOUTHTOWN 437などでデモしており、1~2週間以内に発売される予定。予価は両店ともに22,800円で、予約も受付中だ。

 

カメラやGPS、無線LAN搭載の全部入り、電話機能は国内未対応。

 

2インチ/320×240ピクセルのの液晶ディスプレイ(静電容量式タッチパネル)や2Mピクセルのカメラ、マイク、スピーカー、GPS、Gセンサー、無線LAN、Bluetooth、microSDスロットなど、基本となるデバイスは全て搭載しているという。搭載しているAndroid OSは2.2。

 

この小ささで静電容量式タッチパネルなんですね。機能てんこ盛りなのもうれしいところ。

 

搭載CPUは「MTK6516」で、パッケージでは「280MHzと460MHzのデュアルコア」と記載されている。ただし、これらのコアの詳細は不明。片方のCPUは、単なる通信制御用でOSからは利用できない可能性も考えられる。また、パッケージに書かれたメモリ容量は「2GB」で、これはおそらくフラッシュメモリ容量。

 

スペックも大きさを考えたらがんばったところでしょう。

 

ソフトについては、標準のPlayストアは非搭載。「独自のマーケットアプリが入っていた」(ショップ)という。設定画面には日本語の項目がないが、アプリでは日本語表示は可能だった。  なお、そのサイズの小ささから、処理速度や、表示、入力のしやすさなどが懸念されるが、店頭で確認する限り、処理速度は、高速ではないものの十分必要範囲内。弊誌スマートフォン版Webサイトなども普通に表示できた。

かなりの割り切った使い方画必要なようですね。タッチ操作はできても、ソフトウェアキーボードでの入力は難しいのではないでしょうか。

 

ちょっと大きい気がしますが、Bluetooth連携ではない、そのものがAndroidスマホである腕時計、いかがですか?価格は22800円だそうです。

 

via.Androidの腕時計スマホがデモ中、2万円台で近日発売 / カメラ、GPS、無線LANにも対応

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする