ソフトバンク独走、KDDIとの差を詰める ドコモ苦戦まだ続く? 顧客争奪戦さらに激化

A0008 000734

日頃からソフトバンクのiPhoneとドコモのガラケー、+テザリング用という3台体制をとっています。

今まで全キャリア使ってきた身としては各キャリアの動向が気になるわけで。

どうやらdocomoの一人勝ちという構図はそろそろ崩れていきそうな情勢ですね。

 

ソフトバンク独走、KDDIとの差を詰める ドコモ苦戦まだ続く? 顧客争奪戦さらに激化

ソフトバンクモバイルの純増数(契約数から解約数を引いた数字)が354万300件と同社として過去最高を記録し、契約数も前年度比13.9%増の2894万9000件に達した。この結果、全体の市場シェアは前年度末の21.3%から22.6%に伸長。2位のKDDIとの差を4.7ポイントまで縮めた。米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」やタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の人気を追い風に独り勝ちした形で、今年度も上位2社を食いそうだ。


「つながりにくい」として敬遠されることもあるソフトバンクですが、料金の安さやアピールの方法、そしてなによりiPhoneとiPadのおかげでかなりの成果をあげているようですね。auがiPhoneに参入してどうなることかと思いましたが、うまく立ち回ったようです。

自分が持っているiPhoneもソフトバンクですが、確かにドコモと比べると「つながりにくいな〜」と少しいらいらしてしまう場面は多いですね。しかし今年7月ごろからはプラチナバンドが使えるようになる模様。これで「つながらない」ことの言いわけができなくなったソフトバンク。本当に「つながる」ソフトバンクになれるのかどうか、期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク