私が心からオススメする超薄型モバイルバッテリー「MOCREO® モバイルバッテリーLAVO-2500」

 スクリーンショット_020716_081050_PM

モバイルバッテリーは重くてかさばるから持ち歩かない、バッテリーが切れそうだったらがまんする。

このバッテリーを買ってからそんなことがなくなりました。


スポンサーリンク

MOCREO® モバイルバッテリー2500mAh、超薄型モバイルバッテリー LAVO-2500(lightningアダプタ付け)

モバイルバッテリーにいくつかの難点を感じていました。

1 重い

10000mAhを超えるバッテリーは、200gは超えてきます。iPhone 6の重さが129g。そう考えると、本体より重いバッテリーを持ち歩くのはなにか解せない感じがしてしまいます。荷物は軽いほうがいいでしょうし。

 

2 でかい

モバイルバッテリーってなんかごついイメージ。特に厚さがあるとかばんの収まりが悪い。

 

3 ケーブルがめんどくさい

バッテリーに加え、ケーブルを持って行かないといけない。このケーブルの管理が難しい。マメな人はいいんでしょうが、「あ、ケーブルかばんに入れといたわー」と思って使ったあと戻すの忘れて、ただの重い塊を持ち歩くことになっていたということが多数。あと、LightningとmicroUSBの両方充電したい場合は、ケーブルを2本持ち運ばなきゃいけない。気が重い。

 

こんな難点を一挙に解決するバッテリーを使っております。それがこれ。

最高のモバイルバッテリー

1 軽い。すごく軽い。

重量68g。毎日持ち歩いても苦にならないレベル。しかもこの軽さの中に、ケーブルやアダプタ込みという脅威のポテンシャルです。充電しながら操作するときもラクラクです。

 

2 薄い

スクリーンショット_020716_080133_PM

超薄い。6mmです。iPhone 6より薄い。無理すれば財布に入る。2つ折りなら。

 

3 ケーブル内蔵

スクリーンショット_020716_080200_PM

microUSBケーブルが本体についていて、他にケーブルを持ち歩く必要がない。じゃあLightningは?となるが、実は本体にアップル純正のmicroUSB→Lightning変換アダプタが収納できる。

スクリーンショット_020716_080230_PM

純正のアダプタを入れておけば、iPhoneの充電もカンペキです。

 

もちろん悪いところも

もちろんダメなところもあります。まず容量が2500mAh。これには満足できない人がいるかもしれません。でもiPhone 6のバッテリー容量が1810mAhなので、私には十分です。あと、使った日は必ず充電しないといけないってのはあると思います。あと出力が5V 1Aなこと。タブレットとかには向きませんね。まあ2500しかないので、使おうとは思わないでしょうが。

 

それと、microUSBケーブルがこわれたら一気に使い物にならなくなる点も気になります。半年以上使って大丈夫なので問題ないとは思いますが・・・。

 

本当におすすめです!

私はこのバッテリーを2つ買って、常にどちらかは充電できているようにしています。そうしておくと、例えば朝、定期として使っているモバイルSuica対応のAndroid機の充電がなくなっているというピンチなときも余裕で乗り切れます。お値段も非常に安いので、是非検討してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする