ドコモ、MEDIAS TAB N-06DをAndroid 4.0に更新、タッチ精度が向上し使えるタブへ

MEDIAS TAB N‐06Dオーナーズブック

 

待ちに待った

 

アップデート


スポンサーリンク

全部入りタブレットはヌルヌルで生まれ変わるか?

 

NTTドコモは、12月中に行なうと告知していた、NECカシオ製Xi対応Androidタブレット「MEDIAS TAB N-06D」のAndroid 4.0へのアップデートを18日より開始した。(via.ドコモ、MEDIAS TAB N-06DをAndroid 4.0に更新 -AV Watch)

 

アップデートにより、Androidのバージョンは従来の2.3から4.0.4になる。フェイスアンロック機能やスクリーンキャプチャ機能に対応し、伝言メモやプライバシー設定機能を追加。日本語入力システムのATOKも機能強化する。また「タップサーチ」に画面や撮影画像から調べたいワードを抽出して検索できるようになる。  

操作性も向上。Android 4.0標準機能として、ショートカットやアプリをまとめられるフォルダ作成機能や、最近使ったアプリ一覧の左右フリックによる個別削除、アプリ一括終了にも対応する。新たに追加されるアプリは、「SDカードバックアップ」、「しゃべって検索」、「しゃべって入力」、「あんしんスキャン」。

 

「タッチパネル感度が悪い」と有名なメディタブでしたが、今回は確実に改善しました。全部入り最強タブレットとして生まれ変わったといっても過言ではないでしょう。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする