デジモノとAppleに埋もれる日々

お酒を飲んだ後は日焼けに注意しましょう

 
medium_73889361.jpg
この記事を書いている人 - WRITER -

Medium 73889361

 

飲んだ後は焼けやすいのか?

 

関係はあるようです。

スポンサーリンク


プロスタグランジンE

 

「酒飲んだ後って日焼けしやすいんだよねー」って会話を聞いたことがあるよう気もするしないような気もする@dgtubeです。久々に自己紹介からいれてみました。フォローよろしくお願いします。

 

お酒を飲んだ後は、日焼けしやすい!? | キャリア | マイナビニュースという気になる記事があったので紹介しちまうよ。

 

お酒を飲んだら日焼けをしやすいのか。結論から言うと、それは正しいようです。

 

紫外線を浴びると皮膚の細胞に活性酸素が発生し、皮膚を構成する脂質を酸化させてしまいます。そして酸化した脂質は、「プロスタグランジンE」という物質を作ります。

この「プロスタグランジンE」には、血管を拡張して炎症を起こす作用があるため、紫外線を浴びると皮膚が真っ赤になってしまうのです。
さらに紫外線を長く浴び続けると、拡張した血管から血液の水分がしみ出し、「水ぶくれ」ができてしまいます。

ではなぜアルコールが紫外線による肌の炎症を促進してしまうかというと、アルコールにも血管を拡張し血行を促進する作用があるからなんです。
わかりやすく言うと、アルコールを摂取して紫外線を浴びると、肌に炎症を起こさせるプロスタグランジンEの作用を手助けしてしまうというわけ。

 

アルコールを摂取する→血管が拡張する→日焼けしやすくなるってことでよさそうですね。プールサイドや海辺でビールは最高ですが、紫外線との戦いのことも忘れないようにしましょう。

 

via.お酒を飲んだ後は、日焼けしやすい!? | キャリア | マイナビニュース

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.