妻の「味オンチ」が夫の年収に関係してるらしい

Medium 169983321

 

そんなぁ

 

結婚相手には「味覚」も要求する時代


スポンサーリンク

味わい力

 

こちらの記事では、夫の年収の差は「味わい力」であると紹介されています。

 

これは高橋酒造が調査したもので、学習院女子大学日本文化学科・環境教育センター品川明教授の監修のもと、「食を楽しむ力」を測るための「味わい力」テストを、味香り戦略研究所とともに開発したものだそう。

 

「味わい力」とは、「食への意識」「味覚感度」「食に関する表現力」「食の知識」「食の経験」の5つの指標を総合的に判定した、後天的な「食を楽しむ能力」のこと。五味の認識力(いわゆる味覚力)とは異なる、食への感受性のことを指す。

 

味わい力ねぇ。私は低そうだな。

 

妻が「現代型味オンチ」の場合、夫の年収は「味わい力」保有者の妻の夫に比べて低いことも明らかになった。「味わい力」テストの上位20位と下位20位の妻の夫の年収を比較したところ、「味わい力」の高い妻の夫の平均年収は527万円、「現代型味オンチ」の妻の夫の平均年収は395万円で、平均年収に130万円の差が付いた。

 

これは!味わい力が高い妻ほど年収の高い夫をもつことになるのか???いや、年収が高い夫が、味オンチじゃない妻を見つけてくるのか?それとも結婚してから味わい力の高さがじわじわ効いてくるのか?まあなんでもいいか。

 

気になる「味オンチ」の克服法だが、

 

「“味わい力”は、外食時にどのような食材が使われているか、どのような味付けがされているかを意識すること、また毎日の食事の中で、料理と飲み物の組み合わせを考えるなど、日常的に、食に対する意識を高めることで改善できます。例えば、繊細な和食を食べる時の食中酒として、和食の繊細な味をひきたてるような米焼酎などを選ぶといった意識が大切です」

 

ってことらしいっすよ。味オンチを解消して年収アップ!・・・ってなれば最高なんですけどね。

 

via.夫の年収が130万円違う! その原因は妻の「味わい力」の差にあった!? | ライフ | マイナビニュース

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする