うちわであおぐとき、「風で体温が低下する」のと「あおぐことで発生する熱」、どっちが勝つのか

Medium 4874395357

 

これはずっと知りたかったわ!

 

決着がついた!のか!


スポンサーリンク

うちわの効果

 

結論から言うと、うちわであおぐことは効果ありだそうだ!

 

熱損失(ヒートロス)

 

人間の体は放射や熱伝導、蒸発(つまり発汗)により熱を失う。熱伝導と蒸発はより重要で、湿った肌よりも温度・湿度が低い場合に起きる。空気の分子は人間の肌に衝突するとすぐに、肌が触れている空気の温度を体温まで引き上げ、湿度を100%にする。肌にまとわる空気がそのまま留まれば、体温は下がらない。そこで、温度・湿度が低い空気に入れ替える必要がある。

 

なんか難しいんですが、とにかく肌の近くに約1〜3ミリほどの動きのない空気の層があって、その外側の空気の動きが速ければ速いほど、多くの熱が失われるんですって。

 

消費はたったの1ワット!

 

安静にしている時に人間が生産するエネルギーは約100ワット。結構多いですね。うちわをあおぐときに使うエネルギーは約1ワットなんですって。これで体の周辺の空気の速度が上がるので、1%の努力で涼しさは2倍になるそうですよ!

 

うちわや扇子であおぐのは意味があったんですね〜。なんとなくわかってたけど・・・。

 

via.うちわの効果を検証 体温は涼風で低下か、それともあおぐ労力で上昇か – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする