TEDxTokyoの羽生善治さんのプレゼンが面白い。大きく見て、小さく突き詰めよ

A0001 002952

 

選択、そして判断。

 

鳥瞰し、なおかつ突き詰めよ。


スポンサーリンク

選択し、判断する

 

TEDxTokyoで行われた羽生善治さんのスピーチがこちら。

 

非常に淡々としたプレゼンで、当たり前のことを言っているだけのようだが、羽生さんの言葉だと重みを感じる。

 

印象に残ったのは、

 

現代にはたくさんの情報がある。よってなにを選べばいいのかわからなくなってしまう。1つしか選べないということは後悔しやすいということ。自分が選ばなかったものに関しては楽観的に思い、選んだものに関して悲観的になってしまう。よって「論理的な3手の読み」と「鳥瞰」が大切である

 

というところ。細かく考えすぎたらその場から動けないし、だいたいで動いているだけでは目的地につくことはできない。大きく見ることと小さく突き詰めていくこと、このバランスが大切なのだと思う。そのことに改めて気づかされるプレゼンだった。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする