デジモノとAppleに埋もれる日々

結婚で末永く幸せになるための9つのルールがかなりシビア

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ゼロからはじめる婚活入門!

 

幸せってなんだろう。

 

「結婚で末永く幸せになるための9つのルール」がふわっと厳しいこと言ってて面白い。

スポンサーリンク


白馬の王子様はこない

 

こちらの記事では、「結婚で末永く幸せになるための9つのルール」として、9個の項目が挙げられている。

 

1.10個の条件よりも1つの本質を見極める

2.「白馬の王子様」は来ないと認識する

3.「偶然」のご縁を受け入れる

4.「足りない部分は育てる」意識を持つ

5.相手のプライドを把握しておく

6.普段は対等でも寝室では男性をリスペクト

7.ほどほどに謙虚になる

8.「見返り」を求めない

9.結婚を「経済的安定」の手段と思わない

 

おそらく今婚活中のみなさんには耳が痛いことばかりではないでしょうか?

 

いくつか気になった解説をあげると、

 

探すべき相手は、幻の年収1000万円男子ではなく、大変なときにそばにいてくれて、気持ちが分かり合える人。本質的な部分が自分と合うかどうかを見極めることが、幸せな結婚への第一歩です」

 

収入や肩書きで選ぶとちょっとしたことが許せなくなってしまう、というもの。確かにそうなんですが、お金がないと生きていけない現実と、なにより自分と合う人を見つけるのが大変なんですよね。

 

新幹線で隣に座った人、飲み屋で会った人、旅先で会った人…。たまたま言葉を交わす機会があり、話が弾んだとしたら、その縁を無駄にしないで。「小さな縁も『運命かもしれない』と思うことが結婚の機会を広げます」

 

新幹線で隣に座った人と結婚した人いますか?いたら教えてください。

 

「私もかつてはそうでしたが、収入、学歴、見た目など、『何様?』と思えるような条件を平気で出す人が未婚女性には目立ちます。女性は年を重ねることで“市場価値”が下がり、謙虚になれるものですが、強気な姿勢を崩さない人も意外に多い。卑屈にはならず、ほどほどに謙虚になることで、自分に合った相手を見つけられるはずです」

 

言い切りましたね。なかなか言えないことだと思いますが、さくっと言っていて気持ちがいい。もしかしたら結婚できるかどうかはこの部分によるところが大きいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

とにかく、100%自分と合う白馬の王子様はいないってことです。もしかしたら80%ですら難しいかもしれません。結婚した2人がお互いプラスの力となってどのように成長していけるかが重要で、そこに視点を置くのではなく、目の前の条件や基準だけで相手を選ぼうとするのは、結婚後のことを考えてもやめたほうがいいのかもしれません。

via.結婚で末永く幸せになるための9つのルール:日経ウーマンオンライン【幸せな結婚ができる人の“新条件”】

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

Copyright© でじつべ , 2012 All Rights Reserved.