リュック通勤したいけど思い切れない人に画期的な解決方法を伝授します


これこそ最高の解決策。

スポンサーリンク

リュック通勤、ありかなしかって?ありでしょ。

リュック通勤。両手がフリー。しかも二点で支えるので重さが分散。あこがれるけど、どうも抵抗があるって人は多いはず。そんな人に最高のテクニックを教えます。

1 リュックに入るブリーフケースを持つ

そう、リュック通勤最大の敵はビジネス感。フォーマルな感じが薄れ、カジュアルになってしまうところに抵抗があるはず!それを克服するには2つしかない!1つ目は、ちっちゃくて軽いブリーフケースをリュックに入れとく技。

例えば、

この辺のブリーフケースを買って、

この辺のリュックに入れとく。基本はリュック!ビジネスシーンになったらブリーフケース!完璧!

いや、まじめに言ってますよ。会社に行って、いざという時はブリーフケースを使えばいいのです。

ただ、この方法の問題点は、
急にビジネスシーンになったときにリュックが隠せないこと。
いや、まじめに言ってますよ。

会社という起点がないとブリーフケースオンリーにはなれません。

それを解決するのが次の2つ目の方法。

2 リュックに入るブリーフケースに入るリュックを使う

もう何を言ってるのかわからないかもしれませんが、まじめです。リュックの素材がポイントです。

例えば、

この辺のリュックを買って、小さめのブリーフケースを買う。

普段はリュックにブリーフケースを入れとく。いざとなったら、リュックをブリーフケースに入れる。これで完璧。

これなら不安はないでしょ。

まあ弱点としては、リュックにブリーフケースの容量を上回るものを入れられないこと。

あれ?意味ない?いや、結構これ、オススメですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする