東京都の1世帯あたりの平均人数、1957年の4.09人→1.99人に

Medium 5181846719

 

初の2人割れ。

 

高齢者の一人暮らしが原因か


スポンサーリンク

1.99人

 

こちらの記事によると、東京都の1世帯あたりの平均人数が2人を切り、1.99人となったそうです。(東京都調査、2012年1月1日時点)

 

原因は高齢者の一人暮らしが増えていること。東京都が調査を始めた1957年には4.09人だったので、55年で半分以下になってしまったようです。

 

少ないことが悪いこととは限りませんが、高齢者の1人世帯など、直面する問題が山積みなのは事実。社会制度などの根本的な改革が急務ですね。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする