iOS6がiPhone5の1136×640表示に対応、どうやら4インチは確定の模様

NewiPhone

 

いよいよ現実味を帯びてきました。

 

iPhone5、大画面かで確定のようです


スポンサーリンク

iOS6 beta4

9to5Macは7日(現地時間)、昨日配布された「iOS 6 beta4」において、ホーム画面のアイコンが5行表示対応していることを明らかにしています。

iPhone5

この画像は、iOSの開発ツールに含まれるシミュレーターアプリケーションで、1136×649ピクセルを試したところ。

iOS 6.0ではアイコン間のスペースが等間隔に調整されて5行表示に対応しているのに対して、iOS 5.1では間延びしたスペースで無理やり4行表示で対応しようとしています。もしiOS 5.1の段階で5行表示に対応していたのであれば、アイコン同士の上下間隔はiOS 6.0のように詰まって表示されるはずです。
つまり、iOS 6からは縦長のアイコン5行表示に対応させた形跡が明らかに存在しています。

これはもうほぼ決定ですね。Appleもベータまでは隠せないか。

さらに興味深いことに、iOS 6.0環境であっても、1136×640ピクセル解像度以外を指定すると上画像の左側のように等間隔で配置されないとのことです。具体的には、iPadの縦持ちと横持ちでアイコン同士の間隔が変化するように表示されるとのことです。まさに上画像のiOS 5.1通りの適用になります。
このことから、iPhone5は従来とアスペクト比を変更した「1136×640ピクセル解像度」のディスプレイを搭載しているとみられ、4インチである可能性が非常に高くなったものと思われます。

「等間隔で配置されないってところもポイントですね。いよいよ新型iPhoneの姿が見えてきそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする