たき火でiPhoneを充電できる「BioLiteキャンプストーブ」が発売中

NewImage

 

20分の充電で1時間の通話が可能

 

iPhone5にも対応済み。


スポンサーリンク

BioLiteキャンプストーブ

 

モンベルでは、たき火で発生した熱を電気に変換できるキャンピングストーブ、「BioLiteキャンプストーブ」を発売しました。(via.モンベル | オンラインショップ | BioLiteキャンプストーブ)

 

このストーブは、燃焼室で小枝や小さな薪などを燃やすと、充電された電気でファンが駆動、燃焼室の中に空気を送り込み燃焼効率が上がる仕組み。さらにファンを回すのに十分な電力が蓄えられると、余剰電力はUSBポートを通じて外部機器の充電に利用可能ってところがすごい。

 

 

仕様は以下のとおり。

【素材】ストーブ:ステンレス
【総重量】947g
【カラー】カラーなし
【サイズ】ストーブ:直径127mm×高さ210mm(収納寸法)
【火力】3.4kW(低回転)、5.5kW(高回転)
【USB出力】2W@5V(持続可能最大)、4W@5V(最大時)
【内蔵電池】650mAh(3.7v) リチウムイオン電池
【耐荷重】3.6kgもしくは3.7lの液体
【付属品】付属ケーブル(パワーモジュール充電用 USB)、収納袋、ファイヤーライター(着火剤)※携帯電話・スマートフォンなどの充電用ケーブルは付属していませんので別途ご用意ください。

 

キャンプの時だけではなく、防災用品としても使えそうですね。お値段14900円で、モンベル | オンラインショップ |にて販売中です。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする