歯医者キライのための歯医者通いレポート:治療3日目

A0001 014036

治療3回目。行ってきました。

結論から言うと、「めっちゃ痛かった」です。

それではレポート。


スポンサーリンク

神経は抜いたが・・・

歯医者につくと待ち時間なしで呼び出し。あまり人気はないようですね。

診察台に座ると、前回から痛みがあったかとの質問。

「必ず痛くなる」とおどされていたのでびびっていたのですが、まったく痛みがなかったのでそのことを伝えました。

そしてこの説明ではじめて前回の治療で神経を抜いたことを知りました。

 

「今日から根っこの治療していきますねー」

ということでいざ治療。

 

例の「ういーん」が響きます。

ぎりぎり削ってる感じだったんですが途中からイヤな予感が。

これ、後少しいったらズキンとくるぞと思った瞬間

 

ズキイイイイイイイイん

 

ひいっ!痛い!

思わず口を閉じちゃいました。

左手あげてくださいも言われてないのに・・・。

 

重鎮との会話盗み聞き

今回は若手の先生だったんですが重鎮の先生との会話が聞こえます。

 

重鎮:「今日40までいっちゃって!」

若手:「はい!」

治療後

若手:「あ、あの、30くらいまでしかいきませんでした」

重鎮:「なんでよ」

若手:「結構先端のほうで痛みがでちゃって」

重鎮:「んじゃ麻酔たらしていっちゃえば?」

若手:「次回でいいですか?」

重鎮:「うん、もうつめちゃっていいよ」

 

会話の真意はわかりませんが次は麻酔をたらすようです。

 

今日のお会計

今日は1260円。

前回が2600円だったので歯垢などをとらなくていい分安かったみたいですね。

 

次は土曜日。

あー。憂鬱すぎる〜。

 

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もしよろしければ「でじつべ」をRSS登録してあげてください。

Twitterのフォローやいいね!もお待ちしています。

  

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする