働く人の約8割は肩こりを感じている・・・:姿勢に気をつけて肩こりを予防しよう!

 A0002 007514

 

 

実は私は肩こりはあまり感じたことがありません。幸せなのかも。

 

あの「ピップエレキバン」で有名な「ピップ」の調査で、働く男女の約8割が肩こりを感じている実態が明らかになったようです!


スポンサーリンク

姿勢が大事

 

調査は4月、首都圏でフルタイムで働く20〜50代の男女計416人に実施。

 

それによると、「慢性的・たまに肩こりを感じている」人は84・8%。そのうち、「慢性的に感じている」女性は58・7%で、男性(28・4%)の2倍以上となった。肩こりを感じている人に「疲れを感じる時間帯」を尋ねたところ(複数回答)、「午後6時以降」(76・8%)が最多で、「午後4~5時台」(45・6%)、「起床時」(36・8%)が続いた。  生活習慣についての質問(同)では、80・2%が「長時間パソコンに向かっている」、72・2%が「運動不足」と回答。肩こり対策では、「有効な方法が分からない」(40・5%)、「対策をしたいがお金がない」(36・5%)となった。

 

84.8%もの人が肩こりを感じているんですね。残り15%のほうに入っているのかも。でもこの調査、「インターネットを通じて調査」ということなのでちょっと標本があやしい気もしますが。肩こりは身体的な部分だけではなく精神的なストレスでも起こるみたいですね。記事では、

 

「肩こりは、身体的・精神的なストレスで交感神経の緊張や筋肉の使い過ぎで起こる。長時間のパソコンのマウス操作や車の運転、ソファにもたれた姿勢でのテレビ観賞などは筋肉が緊張して疲労する。そうした習慣も見直す方がいい」

 

という専門家のアドバイスものっていますが、それが見直せたら苦労していない気がしますけどね。「ピップエレキバン買いなさい!」ってことかな?

via.「フルタイム勤務者の8割が肩こり ソファにもたれるのもダメ」:イザ!

 

 

 

 

Twitterボタン facebookボタン

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする