歯医者キライのための歯医者レポート:治療9日目!

 親知らずケース

親知らずを抜く決断をした@dgtubeです。

 

さて、治療もいよいよ次のステージに進出です。最初の虫歯の治療を終え、次のステップへ!


スポンサーリンク

親知らずを抜くことに

 

前回のエントリー

 

歯医者キライのための歯医者レポート:治療8日目! – でじつべ

 

こちらにも書いたんですが、右奥の親知らずを抜くかそのままにしておくかの選択をせまられたところで前回の治療は終わりました。親知らずを抜くのはトラウマなので実はかなり迷ったんですが、やっぱりどうせならとことんやってしまおうということで、歯医者さんのオススメでいくことにしました。

 

前日から憂鬱で憂鬱で。寝たら明日になっちゃうから寝たくなかったくらい。起きても時間が過ぎなければいいなと。へたれです。

 

まあそうこうしているうちに予約の時間。今回も待ち時間なしで治療台へ。オススメの治療方針でいくことを伝え、「親知らず抜くのドキドキします」と言ったら「麻酔するから痛くないよ〜」と言ってました。下の親知らず抜いてとんでもなく大変だった話しをしたら、「今回は上の歯だからケロッといっちゃうよ♪」とのことだったのでちょっと安心しました。そして表面麻酔をし、5分待つ。

 

5分後、親知らず周辺に麻酔を打ちます。もう慣れたのでへっちゃら。そして麻酔が効くのを待つ間に、手前の歯のかぶせものをとります。ごりごりごりごり。どうやら神経は抜いていたみたいで痛みなし。

 

そしていよいよ親知らずの抜歯!

 

体が硬直するくらいドキドキして冷や汗たらたらでした。

 

ところが。なにか先のとがったもので歯の付け根あたりをぐいっと一瞬やられたあと、「もうこれで抜けると思います」だって!えっ!と思ってるとペンチみたいのはさんでごりごり。「ぽんっ」と抜けちゃいました。痛みなし。あっという間。前抜いた時はなんだったんでしょう。あとはガーゼを10分噛んで止血して終了です。

 

いやー、あっけなかったですね。憂鬱だったのが馬鹿みたいに痛みもなくあっという間に終わりました。やってみるもんです。

 

それと、止血してるときに衛生士の人がきて、「これが今回抜けた歯です」といって見せてくれました。親知らずでかい!ちょっとしか出てないくせに、予想よりかなり大きかったです。こんなの抜いたんだなぁとしみじみ。

 

「これはこちらの方で処分するんですか?と言われ、最初はよくわからなかったので「あ、はい」と答えたんですが、「もしかしてもらえるのか?」と思い、はずかしかったけど思い切って「持って帰れるんですか?」って聞いてみました。「あー、もちろんいいですよ!」とのこと。ということでもらって帰ることにしました。

 

てっきりビニール袋に入れてくれるのかと思いましたが、なんと、こんなにかわいいケースに入れてくれました!歯を持って帰る人用のケースがあるんですね!

 

親知らずケース

 

抜いた歯をのせるのは不快な人がいると思うのでやめときます。もし見たかったら@dgtubeまでメッセージくださいw

 

ということで今日の治療終了!麻酔が切れたら痛みがでるからと痛み止めが5回分、抗生物質が5日分でました。お会計は2500円くらい。

 

次回は翌日。消毒だけのため時間指定なしです。

 

来週からは左側の治療にうつります。これからあんまり痛くならないといいなぁ。歯医者嫌いな人、やっぱり行っちゃった方がいいですよ!がんばりましょう!

 

 

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もしよろしければ「でじつべ」をRSS登録してあげてください。

Twitterのフォローやいいね!もお待ちしています。

  

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする