マクドナルド「60秒で商品渡せなければ無料券あげます」←一体何を目指してるの?

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論

 

そのサービスは必要だろうか。

 

締め上げられる現場が想像できる


スポンサーリンク

店員はきっといっぱいいっぱい

 

日本マクドナルドは20日、注文から60秒以内に商品がそろわなかったらハンバーガー無料券をプレゼントする「ENJOY!60秒サービス」を、来年1月4~31日に行うと発表したんですよ。(via.マクドナルド、60秒で商品渡せなければ無料券 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

 

なんか宅配ピザ的で聞いたことあるようなサービスですが、今宅配ピザですらこんなサービスやめてます。

 

対象はすべてのメニューで、会計終了後から商品を渡すまでの時間が60秒を超えれば、人気ハンバーガー「ビッグマック」(通常価格290~340円)などと引き換えられるハンバーガー無料券がもらえる。60秒以内でもコーヒー無料券がもらえる。

 

お客さんはいいですよ。でも、現場の人大変じゃないですか?今でもあわただしく動きまわってるのに、こんな制限されたらもうストレスマックスでしょう。まあ、マクドナルド側としてはお客さん向けのサービスじゃなくて、店員をがんばらせるためのサービスなんでしょうが。

 

提供された食べ物が雑にならないことを祈りましょう。

 

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする