Eye-Fi万歳!写真やスクリーンショットを「デジカメ」「iPhone」「PC」で一瞬のうちに同期する方法

 eyefiiphone

ブログを始めるようになって情報の手に入れ方や、ツールの使い方など、様々なことが便利になり生活ががらっと変わった@dgtubeです。

 

今回はその中の1つ、「Eye-Fi」を利用し写真を撮った瞬間にiPhoneとPCで写真共有する手順をご紹介します。


スポンサーリンク

1 iPhoneにEye-Fiアプリをインストール

 

連携にはアプリの設定+PCの設定が必要なので、あらかじめEye-FiカードをPCにつなぎ、Eye-Fi Centerのアプリケーションを起動してから行いましょう。

 

最初にiPhoneにEye-Fiアプリをインストールします。

 

Eye-Fi App

カテゴリ: 写真/ビデオ

価格: 無料

なおアプリは無料ですが利用するにはEye-Fiの商品が必要です。

 

2 インストールしたアプリを起動し、設定

 

・iPhone側Eye-Fiアプリ設定

 

インストールしたアプリを起動し、

iphoneeyefi1

Eye-Fiに設定してあるメール、パスワードを入力しログインします。なおEye-Fiのアカウントはこのアプリでは作れないので、事前に準備しておくことが必要です。

 

そして今回はカードからiPhoneへの写真転送をしたいので、アプリとカードの連携設定を「オン」にし、ダイレクトモードを有効にします。

 

iphoneeyefi2 iphoneeyefi3

次に「ネットワークの追加」を選択すると、ブラウザが起動、プロファイルの追加画面になります。ここでインストールを行い、いったんホーム画面に戻って再度Eye-Fiアプリを起動します。

 

・PC側Eye-Fiアプリ設定

 

今度はPC側。Eye-Fiカードをカードリーダーで接続し忘れないように気をつけてください。

 

iphoneeyefi4

Eye-Fiカードの設定ボタンをクリック。

 

iphoneeyefi5

 

1 ネットワークタブを選択

2 ダイレクトモードタブを選択

3 ダイレクトモードのSSIDとパスワードが表示されていることを確認

4 ダイレクトモードのネットワークを起動するをクリック

 

以上の設定を行ってください。

 

・カードとアプリのペアリング設定と転送設定

 

あと一息。

 

iPhoneアプリで設定を行いましょう。

iphoneeyefi6 iphoneeyefi7

Eye-Fiカード設定の「画像の受信」はOnになってると思うので(心配だったら確認してみてください)、「アップロード設定」をしてみましょう。

 

「携帯内蔵カメラ」をオンにすれば、iPhoneで撮った写真もすぐにPCに同期されます。とっても便利。「パソコンへのアプロードを行う」をオンにすれば、

 

Eye-Fiカード→iPhone→PC

 

の流れができます。

 

まとめ

 

設定は以上です。このように、Eye-Fiカード→iPhone→PCという流れを作ることによって、写真の管理が非常に楽になります。デジカメはカードを外しリーダーで、iPhoneはDropboxでとそれぞれ作業していたわけですが、なにもしなくても自動的に終わることになるので、ブログの更新などがとても楽になりました。iPhoneのスクリーンショットも自動でPCと同期されます。

 

Eye-Fi、おすすめです。

 

 

 

 

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もしよろしければ「でじつべ」をRSS登録してあげてください。

Twitterのフォローやいいね!もお待ちしています。

  

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする