11インチモバイルに「ほぼRetina」搭載、Retinaに最も近い11.6型Ultrabook「ZENBOOK Prime UX21A」

ASUS ZENBOOK sliver Core i7 3517U 256G Win7 HP シルバー UX21A-K1256

 

画素密度190ppi。

 

Retinaに迫るモバイルマシン登場


スポンサーリンク

11型でフルHD

 

ASUSTeK ComputerのUltrabook、「Zenbook」が進化、11インチにフルHD表示対応の高解像度ディスプレイが備わった上位機種を追加した。

 

最大の特長は、やはり液晶ディスプレイだ。11.6型とUltrabookでは小さい画面サイズながら、より大きなディスプレイの他機種を圧倒する1920×1080ドット(フルHD)の高解像度表示に対応している。画素密度は190ppi(pixel per inch:1インチあたりのピクセル数)と、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の220ppiにはまだ及ばないものの、Windows 7搭載ノートとしては極めて高精細な表示が可能だ。

 

かなりRetinaに迫ってますね。しかも11インチのUltrabookというところがポイント。さらにさらに、こちら、12万9800円という挑戦価格。

 

本体サイズは299(幅)×196.8(奥行き)×3~17.5(高さ)ミリで、約1.1キロ。MacBook Airの薄さと重さにはかなわないが、十分モバイルできる大きさだろう。

 

Apple以外のメーカーもがんばってますね。たまにはWindowsも触らないとな。

 

 

via.IPS方式の11.6型フルHD液晶が圧巻:“Retina”に最も近いUltrabook――「ZENBOOK Prime UX21A」を徹底検証する(前編) (1/4) – ITmedia +D PC USER

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする