プログラミングでもっとも使われるキーは「E」らしい。各言語別キー使用率画像あり!

 NewImage

 

キーボードを見ればその人が使っている言語がわかるかも?

 

どの言語にも共通してよく使われているのは「E」らしい。


スポンサーリンク

キーボードを見れば言語がわかる

 

海外のブログ記事で、各プログラミング言語ごとに頻繁に使われるキーが分析されている。

 

言語によって頻繁に使われるキーは異なるが、どの言語にも共通してよく使われているのは「E」。ただし、ある一言語だけは「E」よりも多く使われているキーがあった。その言語はLisp。Lispでは「(」「)」の入力に使う「8」「9」のキーがもっとも多く使われたキーだった。 また、シェルスクリプトやPerlでは「4」(「$」)のキーが多く使われているのに対し他の言語ではあまり使われない、C++ではなぜか「-」(「_」)が多く使われているなど、興味深い結果となっている。

 

8,9の文字が酷使されているキーボードを見つけたら、「あ、こいつLisp使ってんな」って予想がつくわけですね。

 

Mahdi Yusuf: Most Pressed Keys and Programming Syntaxes

 

こちらの記事には、それぞれの言語で集中的に使われているキーが色分けされています。

 

 Javascript

NewImage

 

Shell

NewImage

 

Java

NewImage

 

 

C

NewImage

 

C++

NewImage

 

Ruby

NewImage

 

Python

NewImage

 

PHP

NewImage

 

Perl

NewImage

 

ObjC

NewImage

 

Lisp

NewImage

 

あたたも使っている言語と、キーボードの状況を見比べてみてくださいね。

 

via.プログラミングでもっとも使われるキーは「E」? | スラッシュドット・ジャパン デベロッパー

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする