3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(4)〜Twitterの情報をPocketへ(URL編)

Medium 276901842

 

Twitterも貴重な情報源です。

 

ツイッターからPocketへ


スポンサーリンク

Twitter to Pocket

 

真面目に書いてきたこのシリーズ

 

3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(1)〜情報はすべてPocketに集めなさい – でじつべ

 

3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(2)〜RSS速読法で「RSSハイ」を体験する – でじつべ

 

3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(3)〜ブックマークレットを使ってPocketへ保存する – でじつべ

 

今回はTwitterの情報をPocketへ入れてみます。

 

Macの場合

 

私はMacのTwitterクライアントに「夜フクロウ」を使っています。

 

夜フクロウ App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: 無料

 

夜フクロウの唯一の弱点と言われていた「あとで読む」がない、という点は、バージョン2.7.5から解消されました。

 

サービス 1

「夜フクロウ」メニューの「環境設定」を開き、「サービス」タブを選択。「あとで読むサービスを設定」を押し、ユーザー名とパスワードを入力します。

 

これでツイートを選択、右クリックで「あとで読む」を選択するか、「⌘+E」のショートカットキーでPocketに送ることができるようになります。

 

iPhoneの場合

 

私はiPhoneでは、公式のTwitterアプリを使っています。

 

Twitter App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: 無料

 

1 Twitter公式アプリの「アカウント」ボタンから「設定」を選択、

写真 12 08 03 19 06 31

 

2 「詳細設定」から「あとで読む」を開き、Pocketのアカウントを設定します。

写真 12 08 03 19 06 37 写真 12 08 03 19 06 40

 

3 気になったツイートの上を横にフリックして出てくる右端のアイコンを選択、あとで読むボタンを押すことでPocketに送られます。

写真 12 08 03 19 08 10 写真 12 08 03 19 08 13

 

これでTwitterからの情報は完ペキ!と思いきや、これだと「ツイート内にあるURLをPocketに送る」ことしかできないんです。次は「ツイート自体をPocketに送る方法」を書いてみます。

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする