3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(2)〜RSS速読法で「RSSハイ」を体験する

Medium 2984626120

 

RSSを素早く処理する方法

 

「RSSハイ」を体験しましょう


スポンサーリンク

RSSからPocketへ

 

3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(1)〜情報はすべてPocketに集めなさい – でじつべ

 

こちらの記事では、「情報はすべてPocketに集めなさい」と題して、情報収集全般のお話をさせていただきました。今回は「RSSからPocketへ」の部分を記事にしたいと思います。

 

使用しているアプリケーション

私は、RSSの閲覧に、MacではReeder、iPhoneでもReederを使っています。

 

Reeder App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥450

Reeder App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥250

 

Macの場合

 

Mac版Reederでは、キーボードの「L」を押せばPocketに記事をとばすことができます。

 

ReederからPocketへ

設定は「Reeder」メニューの「Preference」内「Services」タブから行なってください。

 

Reederで読むときは右手をホームポジションへ。中指の「K」で次々に記事を見ながら、気になったものは薬指の「L」を押してPocketへ。行き過ぎた場合は人差し指の「J」を押せば前の記事に戻ります。もしこれをやっていない人はもったいないので是非マスターしてください。情報収集の速度が飛躍的にあがります。

 

噂の「RSSハイ」を体験できるのもこの瞬間。

Reeder

私はReederの右側、タイトル部分を凝視し、「K」を連打。気になる単語が入っていると勝手に連打が止まり、さらにその記事が気になれば「L」を押すってのが体に染み付いてしまいました。まあ、行きすぎて「K」で戻ることも多いんですが。

 

この作業中、Reederのタイトル部分以外が白くぼやけます。浮き上がってくる感じ。この現象のことを勝手に「RSSハイ」と呼んでいるわけです。

 

基本的にRSS消化中に記事の内容を深く追うことはありません。RSSに表示されている部分で判断します。

 

iPhoneの場合

 

iPhone版Reederでは、フリックするだけでPocketに記事をとばすことができます。

 

アプリ起動後、「Settings」ボタンを押した画面でPocketのアカウントを登録しておきます。次に「App Settings」を選び、「Article List」の「Slide Right to」、もしくは「Slide Left to」を「Send to Pocket」に設定します。

写真 12 08 03 18 23 38

 

写真 12 08 03 18 23 46

 

写真 12 08 03 18 24 02

 

これで、RSSをどんどんスライドさせながら、気になったら右(もしくは左)フリックでPocketに記事をとばすことができます。

 

これは超ベンリ。親指一本でRSSを消化していくのは非常に気持ちがいいものです。

 

私のRSS消化法はこんな感じです。次は「TwitterとPocketの連携」について書きたいと思います。

 

3ヶ月で月間14万PVを達成した情報収集術(3)〜ブックマークレットを使ってPocketへ保存する – でじつべ

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする