Apple、Apple IDパスワードリセット方法を見直しへ

Medium 5828539704

 

さすがにまずいですもんね。

 

パスワードリセット方法を見直しへ。


スポンサーリンク

Gizmodo元記者のハック被害から

 

「AppleCare」の抜け道を突かれて、元Gizmodo記者がハックされたことを受けて、Appleはユーザーのデータが確実に保護されるように、ユーザーがアカウントパスワードをリセットできる方法を詳しく調べているらしい。

 

すべては、米国時間8月3日にHonan氏が自身のTumblrブログにおいて、オンラインでの生活が破壊される原因となったさまざまな出来事について詳細に記したことから始まった。同氏のGoogleおよびTwitterのアカウントは削除され、同氏の「MacBook」と「iPad」、および「iPhone」のデータはすべて消去されたという。Honan氏は自身のアカウント、さらに同テクノロジブログの公式フィードがハックされた責任はAppleCareの技術者にあるとしている。

 

アップルは「Apple ID」のパスワードをリセットする前に複数の認証情報の入力を求めているが、今回の事例では、被害に遭った顧客についての個人情報を入手した人物によって、顧客のデータが漏れたようだ。アップルが本人と誤認識して、パスワードリセットしちゃったんですね。

 

「結局のところ、電子メールアドレスのほかに必要なのは、請求先住所と登録されているクレジットカード番号の末尾4桁という簡単に入手できる2つの情報のみだ」

 

それだけなん?それくらいカンタンに情報手に入れられそうだけど。クレジットカード番号の末尾は結構画面上でも出てるし。請求先住所もオークションとかやってたらわかっちゃうだろうし。

 

アップルももちろんですが、他でも気をつけなければいけませんね。本人確認って難しいよな。

 

via.アップル、「Apple ID」パスワードリセット方法を見直しへ–Gizmodo元記者のハック被害を受けて – CNET Japan

お気軽に「いいね!」を!是非ともよろしくお願いいたします!



 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする